【ヤーズ配合錠】服用の経緯と感想

平凡な主婦の私でしたが、連続して子どもを生み終えてから久しぶりに生理を迎えてみると、以前に比べてとても症状が重くなっていました。
生理中の痛みはもちろんのこと、ダラダラと2週間近く続く出血、それとは別に、生理でもないのに気が重くなったり腹痛が出たりイライラしたりで、子ども達にも当たってしまい迷惑をかけていました。
どうもおかしいということで調べてみると、どうやら生理前症候群という症状のようで、数ヶ月悩んだ後に病院に行ってみることを決めました。

病院では軽い問診ですぐに先生が「生理前症候群(通称PMS)ですね」と診断してくれました。
ものすごく悩んでから来院する人が多く、問診の時点で笑顔も見られずに泣き出してしまう人もいるとのことで、私の場合は子どもの行動で癒されていたり、わりとニヤニヤしていたりしたので症状は軽いんじゃないかな~と言われました。
最初はピル(ヤーズ)にはせずに漢方薬で様子を見る手もあるのだという話でしたが、私は薬を定期的に飲むことが苦手で、たった3~4日の抗生剤ですら毎食後といわれると少し抜けてしまったりする性格なので、毎食後に服用するタイプの漢方薬は自信がないことを伝えて、ピルの方にしてもらいました。

おすすめページ

服用開始

さて、まずは試しに1か月分処方されたわけですが、服用開始は次の生理が始まったその日から。
ソワソワしながらその日を迎えたのを覚えています。
服用にあたって病院の先生に注意されたことは、ふくらはぎなどに痛みが出たり体に不調を感じたら、即来院、一日一回おおよそ決まった時間に服用(忘れた時は、気づいたときに即服用。次回は時間通り。でも2錠同時に服用はダメなので、2日以上忘れていた場合は翌日に持ち越し⇒飲み終わりが一日ずれる)だったと思います。
このふくらはぎ云々が曲者だったらしく、最近のニュースでヤーズは血栓症リスクが高く死亡者も出ていると聞いて、先生からの説明で知ってはいたものの改めて震え上がりました。

しかし、私にはとても相性が良かったらしく、飲み忘れもあまりなく幸い体のほうも不調は出ずに、いつもの生理前を迎えました。
薬の効果の方は、正直最初の一ヶ月は何だかよくわからないうちに終わってしまって、劇的な変化というものは見られませんでしたが、病院の先生によると最初の一ヶ月はそんなものだということで、続けて服用することになりました。

数ヶ月続けていると、「あれ?最近心穏やかに過ごせている気がする・・・」といった感じで効果を実感し始め、オマケの効果の「生理が3~4日で終わる」という恩恵にもあずかれるようになりました。

私の場合は相性が良かったようなのでとても助かっていて、今現在もお世話になっているお薬ですが、ヤーズの服用を中止したときにまたあの憂鬱な日々が戻ってくるのかと考えると、少し不安ではあります。

【注意】こちらの体験談の内容は個人の感想です。薬の内容を保証するものではありません

注目のページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ